すっきりフルーツ青汁を飲むときは副作用に気をつけて!

フルーツをふんだんに使い後味もすっきりと評判のすっきりフルーツ青汁
薬品ではなく食品なので副作用とは無縁…と思いきやそうでもない事例も少数ですが見受けられました。
日常生活でも起こり得る物ばかりから中には正直副作用といえるかは微妙な物までありますが、それでも使い方を間違えると却って毒にもなり得るのでここは過信しすぎないと自戒も込めてこれから使う人も使っている人も見ていきましょう。

まずは一つ目です。
「通じがよくなりすぎた」
食物繊維は勿論の事酸素や酵素も沢山含まれており便秘改善を目的に愛用している人もいます。
それは別にいいのですが問題は急に良くなりすぎて便が近くなりトイレが近くなる事があります。
特に腸が弱い人程その傾向が多く見られ便秘にいいからと大量に摂取していれば体がそれについていけなくて下痢に近い症状を引き起こす事もあります。
すっきりしすぎるのも考えものです。

次に二つ目
「服用している薬によっては併用で効果帳消しになる恐れがある」
すっきりフルーツ青汁は数多くの成分が含まれておりビタミン、カリウムは特に多く含まれています。
けれどそれらの成分は抗凝固薬(血液をサラサラにし固まるのを防ぐ)や肝臓病や人工透析患者等の人はその成分が却って阻害し悪化してしまう恐れがあり副作用では片付けれない程の悪化へ繋がる恐れもあるので今その様な薬も服用している人はしばらくは控えておいた方が安全です。

最後に三つ目
「リバウンド」
これはフルーツ青汁関係ある?と思うかもしれませんがダイエット目的で使用する場合はどうしても避けて通れないのがリバウンド。急激なダイエットの反動やダイエットに成功してもつい気が緩んで前の食生活に戻ったりと減らした体重が逆戻りし、また痩せるためにフルーツ青汁を飲んでもこれじゃ埒が明きません。一度使った以上はリバウンドしないようにこまめに摂取していかないと前の状態に逆戻りしてもおかしくないと思いましょう。
…副作用というか注意点ですね、これ。

今回は以上の様になります。フルーツ青汁に限った話ではありませんが使う時はちゃんと使用容量等をちゃんと確認した上で使うのが安全ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です